2009年03月31日

キレイな巻き髪を作るコテ講座

今年も人気芸能人のトップにエビちゃんが選ばれました。最近の読者モデルの芸能人って本当に愛され系ですよね。エビちゃんといえば巻き髪。巻き髪の巻き方ってコツさえつかめば簡単なんですよ。巻き髪には、内巻きに巻く「フォワード」と、外巻きに巻く「リバース」の2種類があります。フォワードスタイル・リバーススタイルは一般的な巻き髪ですが、二つをミックスしてつくる巻き髪は、モデルさんなどのヘアースタイルに多く見られます。この二つを組み合わせた巻き髪を作るには、コテの使い方がポイントです。

とってつけたようにクルクルした髪ではなく、自然な柔らかい巻き髪にするコツは、ヘアアイロンの温度を150℃前後にすることなんです。髪をコテで挟んだときにそこでとめないで毛先に流していくとふんわりカールに仕上がります。崩れをキープするために巻き髪用のウォーターをつかいます。柚水などがおすすめです。

さて、コテの太さですが、ロングヘアなら太めで35〜38mmくらい。ミディアムヘアなら30〜35mmくらいコテの太さを使用すると顔とのバランスがよく仕上がります。失敗はおそれないでください。失敗したら、霧吹きで髪をぬらして解かせばもとに戻ります。そしてしっかり乾かしてから丁寧に巻きましょう。

綺麗な巻き髪をつくるには、やはり本来の髪がサラサラでないと綺麗に出来上がりません。高温のコテを使うことで髪を傷めてしまっては大変。くれぐれも、コテを当てるときには、長時間同じところにあて続けたり、巻いたまま髪をひっぱったりしないように気をつけましょう。また、濡れたままの髪に、高温のヘアアイロンを使ったり、ドライヤーを間近から当て続けたりするのは、髪にダメージを与えて、パサパサの痛んだ髪にしてしまいます。コテを使うときは、完全に乾かした髪に使うことが大切なんです。

posted by 二次会のメイク at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単な巻き髪のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116245537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。